積立FX

積立FX(SBI FXトレード)の始め方【画像付き】口座開設や取引の流れ・手順を解説

積立FXは、高金利の外貨を小額から積立・購入するできるうえ、FXの長所を活かし、低コストで必要に応じてレバレッジをかけることができる優秀な商品です。

この優秀な積立FXですが、積立を始めたいけど口座開設の手順や流れがわからない、また取引への不安がある方が少なくありません。

そこで、本記事では、口座開設や各種取引の操作方法を画像付きで解説していきます。積立FXを始めようと思っている方は、ぜひご参考ください。

積立FXとは?【復習】

はじめに、積立FXについて簡単に復習していきます。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。(⇒ 積立FXの始め方解説箇所へ)

FXと聞くとリスクが高い商品のように感じますが、積立FXは、短期売買を目的としたものではなく、FXのメリットを利用した外貨定期預金の類似的な商品となっており、以下のような魅力があります。

積立FXのメリット
  • 為替手数料(スプレッド)が、安い
  • 金利(スワップポイント)が、高水準
  • レバレッジを1倍~3倍の範囲で選択可能
  • 取引業者が破綻しても、全額保護
  • 積立は、毎月・毎週・毎日から選択が可能(時間の分散ができる!)

特に、FXの特性を活かした手数料の安さ金利水準の高さが魅力です。一般の外貨預金の場合、1ドルあたり1円程度の手数料がかかりますが、積立FXなら0.05円で積立が行えます。

また、外貨預金は預金保険制度(ペイオフ)の対象外なので一般の銀行外貨預金には不安がありますが、積立FXは信託保全されているので全額が守られます。このように、資産の安全面から見ても、優れた外貨預金商品です。

積立FXの詳しい解説や本サイトでの評価は、以下の記事をご参照ください。

積立FX(SBI FXトレード)のメリットは?デメリット、おすすめ通貨は?

積立FXのはじめ方・取引方法

積立FXのはじめ方、また実際の取引法やその手順、注意点などを解説します。

口座開設

積立FXはSBI FXの独自のサービスなので、はじめにSBIFXトレードの口座開設を行う必要があります。

以下の公式ページから、SBI FXトレードの口座開設が可能ですので、まだ口座をお持ちでない方は、口座開設を行いましょう。口座開設費・維持費は全て無料です。

上記リンクをクリックすると、以下のような画面に移動します。口座開設申込みのために、少しページの下に移動(スクロール)してください。

SBI FX積立FXの口座開設ページへSBI FX積立FXの口座開設ページへ

少しページの下へ移動すると、下図のような画面が現れます。「無料口座開設はこちら」をクリックし、口座開設手続きを開始します。

「無料口座開設はこちら」をクリックし、先へ進む「無料口座開設はこちら」をクリックし、先へ進む

手順2:各種同意事項の確認を行う

手順1の最後で「無料口座開設はこちら」をクリックすると、下図のような画面に移動します。ここでは、各種同意事項を確認します。下図赤丸内のように、チェックを入れ、下方に進みます。

各種同意事項の確認を行う各種同意事項の確認を行う

画面の下方へ進むと下図のような画面へと移動します。同意事項を確認後「次へ」をクリックし、先へ進みましょう。最後に、今回申し込みする口座を選択します。積立FXのみの方は「定期取引口座」、FXも両方口座開設する方は「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。今回は「定期取引口座」を選びました。

確認事項をチェックしたら「次へ」をクリック確認事項をチェックしたら「次へ」をクリック

手順3:入力フォームに記入する

手順2で「次へ」をクリックすると、以下のような画面へと移動します。ここでは、入力フォームに住所・氏名や投資歴などを記入します。はじめに、マイナンバーや本人確認書類の提出方法を決めます。

出先などでお手元に免許証やマイナンバーがない方は「メール」による提出がオススメです。紙媒体が良い方は、郵便やFAXでも良いでしょう。口座申込み後、SBI FX社からメール、または書類が送られてくるので、それに答える形で、本人確認書類などを提出します。

入力フォームに氏名・性別・住所などを記入する入力フォームに氏名・性別・住所などを記入する

個人情報入力後は、職業情報の入力になります。職業種のみが必須事項となっています。

職業情報の入力職業情報の入力

職業情報後、財務情報・投資歴・本人確認用の質問などの設定となります。年収や自己資産、投資歴などを入力します。投資目的は、積立FXの方であれば、中長期の資産運用などを選ぶと良いでしょう。

財務状況や投資歴を入力財務状況や投資歴を入力

全て入力し、画面下部へ移動すると、以下のような画面となります。各種チェック事項を確認後、画面下部の「確認」をクリックし、先へ進みます。

確認事項をチェック後「確認」をクリックし、先へ進む確認事項をチェック後「確認」をクリックし、先へ進む

手順5:入力事項の確認、および申込み

手順4で「確認」をクリックすると、以下のような画面に移動します。ここでは、ここまでの入力事項を確認します。下図では氏名や住所が伏せられていますが、皆様の画面には、皆様の入植した情報が表示されます。

入力事項の確認入力事項の確認

全ての入力事項の確認ができたら「この内容で申し込む」をクリックすることで、申し込みが完了します。

入力事項の確認後、「この内容で申し込む」をクリックすると、申込み完了!入力事項の確認後、「この内容で申し込む」をクリックすると、申込み完了!

以上のように、入力事項を記入することで、5分程度で口座申込みが完了します。後は、本人確認書類等をはじめに選んだ方法でアップロード、もしくは送付します。

Webアップロードを選んだ方は、そのまま、本人確認書などをアップロードする流れになります。メールや郵送等を選んだ方は、メールや郵便が届くので、その内容に従って書類のアップロード、または送付を行ってください。全て終了すると、2,3営業日後、IDやログインパスワードがSBI FXトレード社から送付されてきて、すぐにお取り引きが開始できます。

ログイン・入金方法

口座開設が完了し、ログインIDやパスワードが届いたら、実際にSBI FXトレードの口座にログインします。下図は、SBIFXトレードのログイン画面です。送られてきた、ログインIDとパスワードを入力し「積立FX」をクリック(タップ)すると、ログインができます。

積立FXにログインする積立FXにログインする

次に、定期取引を行うための資金を口座へ入金する手順を解説します。ログインを行なうと、以下のような画面に移ります。画面上部の「入出金」タブをクリックしてください。

ログイン後の画面:「入出金」をクリックするログイン後の画面:「入出金」をクリックする

「入出金」タブをクリックすると、以下のような画面に移ります。画面中央左の「入金」をクリックし、入金申込みを行います。

「入金」をクリック|SBI FXトレード・積立FX「入金」をクリック|SBI FXトレード・積立FX

「入金」をクリックすると、以下のような画面へ移ります。入金元の金融機関と入金金額を指定し、クイック入金を行います。クイック入金は、入金手数料無料で、SBIFX定期取引口座に入金が行えます。手数料は、SBI FX社が負担してくれます。

金融機関と入金額を指定する金融機関と入金額を指定する

SBI FX口座からでななく、直接ネットバンクにアクセスし、SBIFXトレード積立FX口座へ振込を行うと、ネットバンクの通常の振込手数料がかかってしまいますので、まずSBI FX口座にログインし、こちらの口座経由で入金手続きを行ないましょう。

金融機関と入金額の指定は、下図のように行います。私の場合、メインバンクが楽天銀行なので、「その他の金融機関」を選択し、入金額を5,000円としました。「次へ」をクリックし、入金操作を行います。

金融機関と入金額を指定し「次へ」進む金融機関と入金額を指定し「次へ」進む

「次へ」をクリックすると、「その他の金融機関」を選択した場合、以下のような画面へと移動します。皆様の入金元口座(金融機関)を選択してください。

金融機関を選ぶ金融機関を選ぶ

金融機関を選択すると、皆様が選択した金融機関のログイン画面に移動します。各自金融機関にログインし、入金を行ってください。入金が完了すると、以下のような画面になります。「入金確認」をご覧になり、入金額を確認してください。

入金額の確認を行う入金額の確認を行う

積立・購入の手続き方法

入金が完了したところで、いよいよ、積立FX・積立の手続き方法を解説します。まずは、下図のような、皆様のページの「HOME」画面に移動してください。ここでも、預かり残高などから、入金額の確認が行えます。「HOME」タブ、横の「定期購入申込」をクリックし、購入・定期取引の申込みを開始します。

入金後「HOME」画面へ戻る。入金額も確認できる入金後「HOME」画面へ戻る。入金額も確認できる

「定期購入申込」を選択すると、下図のような画面が現れます。この画面で、以下の4点を選択します。

  • 購入通貨
  • 1ヶ月の合計購入金額
  • レバレッジ
  • 取引頻度

通貨や取引金額、頻度、レバレッジを選択し、購入申込みを行う通貨や取引金額、頻度、レバレッジを選択し、購入申込みを行う

積立FXでは、以下の6通貨の積立・運用が行えます。好みに応じて、通貨を選んでください。今回、私はメジャー通貨の中のメジャー通貨、米ドルを選択しました。日米の金利差を考えても、米ドルが無難だと考えました。

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 人民元
  • 南アフリカ・ランド

次に、1ヶ月の合計購入額を選択します。私は今回1,500円としました。皆様の投資資金に応じてお好みで決めてください。「計算」をクリックすると、皆様の選んだ通貨単位の金額も表示されます。

レバレッジも1~3倍で選択できます。今回私は、超小額の投資なので、レバレッジ3倍としました。皆様の好みに合わせて、お選びください。ちなみに、連動リスクの大きい南アフリカ・ランドや人民元はレバレッジ3倍は選べません

最後に、以下の3つの選択肢の中から、購入頻度を選びます。毎日・毎週・毎月のいずれかの頻度で、皆様が設定した1ヶ月の合計購入額になるように定期的に自動購入しれくれます。

  • 毎日(毎営業日)
  • 毎週(毎週水曜日。休業日の場合、翌営業日)
  • 毎月(毎月26日。休業日の場合、翌営業日)

今回、私は購入タイミングの分散・平均取得価格のバランス化を行うため「毎日」を選択しました。購入のタイミングの分散のデメリットは、毎月購入と比べて、購入の際の手数料がかさむ点です。

全ての事項の入力が終わり、「次の画面へ」(下図参照)をクリックして進みます。

購入・申込み内容の確認購入・申込み内容の確認

「次の画面へ」をクリックすると、下図のような画面へと移動します。申込み内容を確認し「実行」をクリックすると、購入申込みが完了します。

申込み内容を確認後、申込みを「実行」する申込み内容を確認後、申込みを「実行」する

「実行」をクリックすると、下図のような画面へと移動します。「申込内容を確認する」をクリックし、申込みが確実に行われていることを確認しましょう。

申込み実行後、申込み内容を確認する申込み実行後、申込み内容を確認する

「申込内容を確認する」をクリックすると、下図のような画面へと移動します。通貨や購入タイミングなどを確認しましょう。変更や取り消しなどあれば、この画面から行えます。

申込み内容の確認申込み内容の確認

このような方法・手順で、実際に積立FXを行うことができます。一度申し込みを設定していまえば、忙しいビジネスパーソンの方などでも、コツコツと外貨を積み立てることができます。

マイナス金利で円預金を行っているだけでは、運用効率が悪くなってしまいます。運用効率をあげたい方などは、一考の価値のある金融商品の一つと言えるでしょう。