初心者向け

外貨MMFとは?投資のやり方やメリット・デメリット、外貨預金と比較・解説

銀行の円預金が超低金利となる中、日本円と比べて利回りが良い外貨投資が注目を集めています。外貨建てMMF(単に「外貨MMF」とも呼ばれる)

そこで、本記事では、外貨預金型の金融商品として有名な外貨MMFについて、その特徴やメリット・デメリット、また他の外貨預金型商品(積立FXや銀行の外貨預金など)との比較も行います。

外貨MMFとは?

外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド:エムエムエフ)とは、商品の性質は外貨預金に似ていますが、名前にファンド(F)があるように投資信託の一種です。

以下、外貨MMFの特徴やメリットなどを詳しく解説していきます。

魅力・メリットは?

外貨MMFは、外貨投資特有の2つのメリットがあります。1つは「円預金よりも高金利」であること、もう1つは「円安が進めば為替差益が見込める」ことです。

外貨MMFのメリット
  • 円預金よりも高金利
  • 円安が進めば、為替差益が見込める

メガバンクやゆうちょ銀行などの普通預金金利が0.001%程度の水準となる中、数%程度の高金利で運用ができる点は、外貨投資ならではの魅力と言えます。

一般的な外貨投資に関する特徴、メリット・デメリットは、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
外貨投資とは?始め方や初心者向けのおすすめは?積立FXやMMFなど解説金融緩和やマイナス金利の導入などにより銀行預金が超低金利となる中、日本円と比べて利回りが良い、外貨への投資が注目を集めています。円預金が...

さらに、外貨MMFは、他の外貨投資型(銀行の一般的な外貨預金など)と比べて、以下の点に魅力があります。資産の安全性もさることながら、為替手数料(スプレッド)の安さなど、たくさんのメリットがあります。

外貨MMF特有のメリット
  • 為替手数料(スプレッド)が安い
  • 資産の安全性(ペイオフ対象)
  • 一般的に、外貨預金より高利回り
  • 少額から投資ができる
  • 購入や解約がすぐにできる(流動性がある)

以下、それぞれの点について詳しく見ていきます。

為替手数料が安い

外貨MMFの為替手数料(円と外貨の取引を行う際にかかる手数料)は、外貨預金と比べて安いケースがほとんです。もちろん、証券会社や銀行によって違いますが、おおよそ5倍程度の違いがあります。

為替手数料(スプレッド)の比較
  • 外貨MMF:1米ドルあたり20銭(0.2円)程度
  • 外貨預金:1米ドルあたり1円程度
  • *任意抽出したデータとなっております。あくまで目安とお考えください。

ただし、SBI FXトレードが提供する外貨預金型商品の「積立FX」と比べると、外貨MMFの手数料は割高になります。積立FXは、1米ドルあたり5銭(0.05円)程度で取引が行えます。(管理人は積立FXを利用中)

資産の安全性

外貨MMFは、預金保険制度(ペイオフ)対象商品です。外貨MMFを購入している証券会社が、万が一破綻しても、外貨建てMMF資産は全額保護されます。資産の安全性が高い商品と言えます。

それに対して、意外かもしれませんが、外貨預金はペイオフ対象外です。銀行が破綻した場合、元本が保護されません。そのため、外貨MMFの方が、資産の安全性は高いと言えます。

少額から投資可能

外貨MMFは、1,000円など小額から投資が行える点も魅力の一つです。

外貨定期預金は、10万円以上〜などの銀行が多いので、はじめて投資を行う方などには、若干ハードルが高いですが、外貨MMFは、お小遣い程度の小額で投資を行えるため、経験の浅い方や外貨投資に不安を感じる人でも、気軽に始めることができます。

流動性がある(購入・解約がすぐできる)

外貨預金と比べて流動性が高い点も、外貨MMFのメリットの一つです。

外貨定期預金の場合、出し入れの時期や期間に制限があるため、急に資金が必要になった時など、不便を感じることがあります(外貨普通預金は出し入れは簡単ですが、基本利回りがとても低い)。それに対して、外貨MMFは、好きな時にいつでも購入や解約の申込みを行うことができます。

デメリットや注意点、おすすめできるポイントは?

ここまで解説してきたように、外貨MMFは、外貨投資型の商品として優等生と言えます。

外貨投資特有の「元本保証がない・為替リスクがある」等のデメリットはありますが、資産の安全性(ペイオフ対象)や手数料・コスト、利便性などは、外貨預金と比べて良い商品です。

ただし、後述する積立FXと比べるとコスト面で見劣りします。通貨によって異なりますが、外貨MMFの方が、積立FXよりも数倍程度コストが割高になっています。

外貨投資商品との比較

外貨MMFと積立FXなどの外貨投資型商品を比較していきます。

手数料最安は「積立FX」

外貨MMFは一般的な外貨預金と比べて手数料が安いですが、さらに投資コストが安い商品が、SBI FXトレードが提供する「積立FX」です。

積立FXは、1米ドルあたり5銭程度で外貨積立が可能ですので、外貨MMFと比べて約4倍も投資コストを安く抑えることができます。

また、積立FXは、外貨MMFのメリットも全て兼ね備えており、金利水準も高く、いつでも取引ができるため流動性も高くなっています。もちろん、ペイオフ対象ともなっているため、資産面の安全性もあります。

外貨預金型投資商品の比較

投資商品 為替手数料 スワップ
(金利)
取引業者が破綻した場合
積立FX 5銭 高い 全額保護 ○
外貨MMF 20銭 一般的な水準 全額保護 ○
外貨預金
(一般の銀行)
1円程度 低い 保護対象外 ×
*外貨預金は、預金保険制度(ペイオフ)の対象外

さらに、積立FXは、長期の安定外貨運用を目指す方のために開発された新しいサービスで、手数料が安いことはもちろん、自動積立を小額から行うことができたり、必要であればレバレッジも可能な仕組みとなっています。

また、本サイトでの積立FXの解説・評価は、以下をご参照ください。

▶︎▶︎ 積立FX(SBI FXトレード)のメリットは?デメリット、おすすめ通貨など徹底解説

このように、コストや利便性などから投資商品を選別することで、相対的に高い利回りで資産運用を行うことができます。特に、積立FXを利用すれば、ビジネスパーソンの方でも、便利に、しかも超低コストで、小資金から外貨積立を行うことができます。ぜひ活用してみてください。

積立FXの特徴・まとめ
  • 低コスト・高金利が魅力
  • 1倍〜3倍のレバレッジを選択可能
  • 全額信託保全(つぶれても全額保証)
  • 購入する頻度(毎月・毎週・毎日)が選べる
    *希望レートの取引も可能

また、積立FX口座の開設方法・手順、また取引のはじめ方は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
積立FX(SBI FXトレード)の始め方【画像付き】口座開設や取引の流れ・手順を解説積立FXは、高金利の外貨を小額から積立・購入するできるうえ、FXの長所を活かし、低コストで必要に応じてレバレッジをかけることができる優秀...